パーソナルトレーニングの月謝のコスパとは?

「結果にコミット」などといったキャッチフレーズがテレビCMで注目を浴びているように、パーソナルトレーニングの人気は年々高まってきています。マンツーマンでトレーニングを指導してもらえる分、月謝も高額になる傾向にあるパーソナルトレーニングですが、気になるのはその効果に見合っているかということです。

そこで以下では、パーソナルトレーニングのコスパについて見ていくことにしましょう。

「パーソナルトレーニングジムの独立開業に必要なこと」

パーソナルトレーニングの月謝の相場とは?

最初に、パーソナルトレーニングの月謝とはいったいどれくらいなのかについて、代表的なパーソナルトレーニングジムであるライザップを例にとって見ていくことにします。ライザップを利用しようとした場合に、まず必要となるのが入会金で、その金額は税抜きで50,000円となっています。

次に、入会後に発生する利用料の金額は、利用するトレーニングの内容によって異なってくるのですが、良く利用される2か月間にわたって週2回のペースで通う計16回分のコースの場合だと税抜きで298,000円というのが定価です。

月謝に換算すると149,000円ということになります。あくまでもこれは一例に過ぎませんが、他に同様のパーソナルトレーニングサービスを提供しているジムの場合でも、それほど水準は変わらないところがほとんどであることから、業界としての相場も概ねこれくらいであると考えて問題ないでしょう。

ちなみに、一般的なトレーニングジムであるコナミスポーツクラブの場合だと、入会金は税抜きで1,000円、利用料は週2回のペースで2カ月通う場合で税抜き23,000円、月謝に換算すると11,500円となります。

パーソナルトレーニングの10分の1以下の金額で利用することができるわけですが、それでもなおパーソナルトレーニングを選ぶ人が多いのは、それだけその効果に対する期待が高いことの証左なのかもしれません。

パーソナルトレーニングはなぜ高額なのか?

では次に、どうしてパーソナルトレーニングの料金はそこまで高いのか、その理由について見ていくことにしましょう。まず第一に挙げられる理由は、パーソナルトレーニングには高額の人件費がかかっているということです。

トレーニングを指導するのは、ほとんどの場合、専門的な訓練を受けたプロのトレーナーとなっており、そういった人材は稀少価値が高い分、その報酬も一般的なトレーナーと比べると高騰しがちです。ライザップに代表されるパーソナルトレーニングジムは、利用者のニーズに応えるために、そのような優秀なトレーナーを数多く抱えておく必要があるため、必然的に人件費が高くなり、それが利用料に反映されることによって金額が高くなってしまうというわけです。

ただし、そのぶんトレーニングのクオリティの高さは折り紙つきであり、一般的なトレーニングジムに比べてはるかに大きな効果が得られることになるのです。また、二つ目の理由は、パーソナルトレーニングジムでは、利用者一人ひとりに対して個室を用意したり、アメニティを提供したりするため、必然的にジムの維持費が高くなるということです。

他のジムとの競争に勝って利用者を集めるために、トレーニングマシンなどもなるべく高価で高性能なものを導入する傾向にあることから、どうしても事務を維持・管理するための費用は高くなってしまうというわけです。一方、利用者としては、高い料金を支払うことで、優れた施設を利用できるというメリットを享受できるということになります。

特徴のあるパーソナルトレーニングジムの月謝とは?

代表的なパーソナルトレーニングジムの月謝の相場については、すでに述べたとおりですが、業界には利用者を集めるために、より特徴のあるサービスだけを提供するジムも存在しています。

その一つが、CREBIQ(クレビック)で、ここはダイエットやボディメイクといったサービスに特化した女性専用のジムとなっています。女性専用であることから、当然ながら利用者はすべて女性となっており、一般的なトレーニングに加えて、食事指導や栄養摂取の仕方についてまでこと細かく指導してもらうことができます。

こちらの料金は、入会金はライザップと同じ50,000円ですが、利用料は2か月間で16回分のスタンダードコースが196,000円であり、月謝換算で98,000円とライザップに比べるとややリーズナブルな金額となっています。

もっとも、よりサービス内容が充実しているボディメイクコースの場合だと、同じく2か月16回分で296,000円となっていますので、概ねライザップと同水準と言えるでしょう。

また、同様に女性に特化したジムの一つに、FORZA(フォルツァ)があります。こちらはモデルやタレントといったプロフェッショナルたちのボディメイクを担当しているトレーナーが代表を務めており、食べながら痩せることができる食事や姿勢を矯正することができる筋力トレーニングなどが人気を集めています。

なお、このフォルツァは、業界最安値を目指すとうたっているとおり、2か月16回分のコースでも127,000円とかなりお得な料金となっています。

パーソナルトレーニングのコスパについて考える

パーソナルトレーニングジムの月謝は、ジムによって若干の違いはあるとはいえ、いずれも一般的なジムに比べるとかなり高くなっていることから、気になるのはそのコスパです。この点、たいていのパーソナルトレーニングジムでは、あらかじめ定められた目標を達成できない場合には支払った料金の全部または一部が返金されるというシステムになっていることから、所定の月謝を支払うことはすなわち目標の達成とイコールということになります。

そのため、目標をもって一般的なジムに通っていたけれどもどうしてもそれを達成することができなかったような人にとっては、それを達成できる可能性が大きく高まるパーソナルジムに高い料金を支払うことはそれなりのコスパが見込まれると言えるでしょう。

また、優秀なトレーナーから指導を受けることができる機会はそう多くあるものではありません。そのため、そのような優れたトレーナーを独り占めすることができるパーソナルトレーニングは、少々高い金額を支払っても十分にそれに見合うサービスを受けることができると考えることも可能ではないでしょうか。

パーソナルジムの利用にあたって検討すべきこと

以上で見てきたように、パーソナルトレーニングジムの利用料はそれなりに高額ではありますが、それに見合うサービスを受けることができることから、そのコスパは決して悪くはありません。ただし、そこまで高いクオリティのトレーニングを必要とするかは、利用者によって異なりますので、パーソナルトレーニングを受けるかどうか検討するに際しては、自分が本当にそれを求めているかどうかをしっかりと検討するようにすることが重要です。